あけましておめでとうございます!

    こんにちは!


    今年も荻野病院の給食を、宜しくお願いします~。



    これからも、せっせと荻野病院の食事を紹介していきますよ*



    今年の初めは、どんなソフト食でしょうか~?


    どんどんいってみましょー!



    あんかけ焼きそば。

    20140127_1_1.jpg

    麺も一本一本しっかりと作っています。(なんか、手打ち麺みたい…ニヤ)



    あんかけは、もちろん通常の食事の方と同じです。



    ゆでたまごは、おでんの時にもみせましたが、やっぱり見た目も
    「THEタマゴ♡」


    ふろふき大根。

    20140127_2_1.jpg


    食器も白で、大根の存在が少しわかりにくい…。



    目を凝らしてみてください。ふろふき大根の気持ちになって…^―^



    きっとしっかり見えるはずです。



    食器と大根の境目が。



    味はもちろん、ふろふき大根です。
    ソフト食だなんて信じられなーい。







    そして、じゃが芋の煮物。

    20140127_3_1.jpg

    左は、通常の食事です。 右は、ソフト食。

    え??
    ウソじゃありませんよ~。



    確かに!!!   見た目、ほぼ同じ。



    そうです。



    これです。



    最終的に目指すものは。



    隣の人が、
    ソフト食でも、通常の食事でも
    みんなで同じものを食べて「美味しいね」を共有してもらいたい。


    そんな気持ちで、明日からもみんなで協力してがんばるぞー!!!
    荻野の給食えいえいおー。

    【ガッチャン2号】

    ソフト食

    最近のソフト食はこちら~!!

    先日も紹介させていただいた、荻野病院のソフト食。
    最近も、いろいろなメニューが登場しますよ~。
    では、どんどん見てみましょー!!



    まずは、おでん。

    20131213_1_1.jpg

    卵、はんぺん、大根など具がわかります。
    なんといっても、たまご!!






    そして、肉じゃが。

    20131213_2_1.jpg

    何種類もの食材を使う料理ですが、その食材がきちんとわかるんです~。






    次は、きつねうどん。

    20131213_3_1.jpg

    麺類はみなさん好きなんですが、飲み込みが悪い方だと、
    危険もあるので麺類が出せない方も多くいらっしゃいます。
    そんな方にも、見た目でも楽しみながら、麺類を食べてもらいたいと
    いう事で、調理スタッフの方が、小鉢に少量ではありますが
    ソフト食で作ってくれました!
    ピンクの☆は、赤かまぼこ。
    緑の☆は、ホウレン草です。
    油揚げもしっかりと三角で、“きつねうどん“とわかりやすいですね♡


    少しずつ、見た目でもソフト食の食事を楽しんでもらえるように、
    みんなで工夫していきたいと思います。
    調理スタッフさん、いつもありがとうございます!!
    これからも、調理スタッフ、栄養士みんなで頑張ります★
    また次回のソフト食もお楽しみに~。

    【ガッチャン2号】

    ソフト食

    とっても楽しみにしていた…寿司バイキング!!

    こんにちは~。【ガッチャン2号】です!




    先日、病院で「寿司バイキング」をしましたー。




    はい、そうです。みなさんが、知っているバイキングです。

    自分で好きなものを取ってくるルールのです。




    荻野病院、毎年11月にしてるんです!ふふふ。

    お寿司はこんな感じです★

    20131114_1_1.jpg

    おかわり分は、こーんなものや…

    20131114_2_1.jpg

    こんなものも!

    20131114_3_1.jpg

    杏仁豆腐もありました!

    20131114_4_1.jpg

    今回は、前回のブログで紹介されてもらったソフト食も、

    さらにレベルアップですよ!

    ジャジャじゃーん!!

    20131114_5_1.jpg

    いなり寿司なんて、まさに本物!

    スタッフからも「どれどれ?すごーい!」なんて声も……ニヤ。

    私達、栄養課も にやにや しちゃいます。笑







    みなさん、寿司職人さんの前で行列を作りながらおかわりしていました。

    今回の寿司職人さんの1人は、某・寿司屋で長年務めていたという本格派!!

    あっという間に「サバ、サーモン、はいよぉ!」という雰囲気で…

    握る・にぎる・握る。





    いつもの給食は、カロリーがしっかり決められているため、

    おかわりはありません。



    今日は特別な日なので、みんなで一緒に美味しく幸せな気分を

    味わってほしいです♡特別に、今日だけですよ。



    夕食からは、いつものカロリーを決めた食事に戻りますからねー!!



    おかわり分は、全て…完食!ごちそうさまでした♡



    こんなに全部キレイに完食したのは、初めてです(笑





    富士産業北事業部のみなさん、本当にご協力ありがとうございました!

    20131114_6_1.jpg

    またこれからも美味しい食事、お願いします♡



    それでは、また次回の行事食をお楽しみに~。

    【ガッチャン2号】

    荻野病院のソフト食…♡

    こんにちは、【ガッチャン2号】です。

    実は、荻野病院、ソフト食も提供しています!!
    ソフト食って?
    ご飯やお粥、おかずが飲み込みにくくなってきたなぁ…。
    むせ込んでしまったり、食べこぼしが多くなってしまって…。
    そんな方に、食べていただきたい食事形態ですっ!!
    口に入れると、歯ぐきでつぶせます。絹ごし豆腐くらいのやわらかさです!
    のどごし、つるりん!
    とっても食べやすいのです。
    ぜひあなたにも、食べてもらいたい。
    最近は、見て楽しめるように形にも工夫しています!
    少しずつ進化をしている、荻野病院のソフト食。

    患者様に、見た目から楽しみながら食事をしていただけますように。
    これからも写真など載せていきますので、お楽しみに~。

    切干大根煮↓
    20131112_1_1.jpg

    赤魚のピカタ↓
    20131112_2_1.jpg

    【ガッチャン2号】

    「精神障害者の社会復帰に向けての取り組み」

    ブログでは初めまして! p_songと申します。
    今後ともよろしくお願い致します。

    今月18日ですが、当院にて埼玉県精神保健福祉協会理事 高畑隆先生の
    貴重なご講演が開催されました。

    精神医療の現場にて働くスタッフには、当事者の方々の社会復帰への
    取り組みは永遠のテーマと言えましょう。

    私は精神障害という言葉を精神疾患から派生した生活のし辛さ・
    生活障害と捉えてこの仕事に就いてまいりましたが、
    高畑先生の大きなテーマは「精神障害者とスポーツ活動」という
    斬新なものでした。

    社会復帰と社会参加を重ね合わせて拝聴させて頂くことにより、
    そのテーマはより明確になりました。

    20130926_1_1

    一般的にスポーツは、生活習慣病の防止や
    基本的な生活(食事・睡眠など)の維持において、
    重要なものとして捉えられています(私は運動不足ですが(-“-))。

    講演の中で高畑先生からスポーツ精神医学がご紹介されましたが、
    その中にリハビリテーションと身体活動・スポーツに関する
    大変興味深いお話がありました。

    ・スポーツによるストレスコーピング
    (ストレスが強すぎたり、蓄積されると身体に様々な影響が出るなど、
     これらのストレスを自分なりに解消する方法)
    ・スポーツと精神疾患 認知・脳機能等への影響
    (プラス面を肯定的に評価する・出来そうなところから一緒にやる・
     具体的、小さな行動変化を支えるなど)

    全てを書ききれませんが、高畑先生のご講演の中で、
    スポーツを通した精神障害者の社会復帰に向けての取り組みを
    多く学ぶことができました。

    講演の途中、精神疾患を持った日本とイタリアの方々との、
    フットサル交流会の映像もご紹介頂きました。
    日本のメディアでもイタリアでの最先端精神医療が紹介され、
    障害を持つ方々の地域生活が充実している事が知られています。

    映像の中にあった「日本フットサル代表の輝いた目・爽やかな表情」は
    私にとって表現が難しいほど印象的でした。

    フットサルに限らず、ソフトバレー・卓球・ドッジボールなど、
    各都道府県・市町村等にて、大会が盛んに行われています
    (余談ですが、私が勤務していた以前の病院では、
    ソフトバレーとソフトボールは毎年優勝、
    ソフトバレーに関しては全国大会の常連でした)。

    「精神疾患を持った方が、スポーツを通して新しい自分を発見し
    自信を回復・各種大会に参加することによって、様々な人たちと
    触れ合う事ができ、他者との交流する感動を再認識することができる」

    精神疾患を発症し、自宅に引きこもりがちになりますが、
    その防止の一環として、留萌地域ではリハビリと、
    日中活動訓練の場としての「デイケア」や
    就労支援を目的とした事業所も充実しています。

    今回、「精神障害者とスポーツ活動」の観点から、
    精神障害者の社会復帰についてのご講演を
    拝聴させて頂けたことは、誠に幸いでした。

    20130926_2.jpg

    また、ご講演終了後は、スタッフから多くの質問もあり、大盛況でした。

    高畑先生、本当に貴重なお話ありがとうございました。

    【p_song】
    FC2カウンター
    プロフィール

    荻野病院HP管理者

    Author:荻野病院HP管理者
    北海道留萌市の
    医療法人社団萌仁会荻野病院
    スタッフブログです。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR