節分の気分を

    こんにちは、【ハートキャッチ】です。

    早いものでもう2月ですね。
    立春は過ぎたものの、ここ最近の気温も-10度近かったりと
    北海道はまだまだ春の気配が感じられません。
    患者さんの装いもニットやボアを着ている方が多いですし、
    私も毎日セーターや裏ボアパンツが手放せません(汗)
    早く春物の洋服で身軽に過ごしたいですね。

    例年であれば、2月当院では“節分”の行事が催されます。
    スタッフが鬼となり豆をぶつけてもらったり、記念に写真を撮ったり
    簡単なゲームをして盛り上がるのですが、今年はコロナの影響で
    行事も無くなったり縮小したりと少し寂しいです。

    それでも、季節感を味わってもらおうと(患者さんの手伝いもあり)
    作業療法室の方で節分の飾りつけをしてくれました。

    20210205_1.png

    恵方巻を食べている鬼さんがとても可愛いです↑

    毎日忙しく過ごしていると、季節感があまり感じられず
    「もうクリスマス‥」「‥と思ったらお正月」
    「あぁ節分か」と目まぐるしく過ぎていく日々です。
    そんな私は病棟の飾り付けを見ると季節感が感じられて
    少しほっこりとした気分になるのですよね。
    患者さんも同じ気持ちではないのでしょうか?

    車椅子で行動範囲が限られている患者さんも
    ジーっと飾りつけを見ています。

    20210205_2.png

    「2月は節分ですね」と、私が声を掛けると
    こちらの患者さんは「そうだな」「豆食べたいな」と
    静かに仰っていました。

    新型コロナウイルスが落ち着いて、
    来年の節分は楽しく行事が出来るといいなと思います。
    ウイルスも鬼も「鬼は~外!」ですね。

    感染症が落ち着いて患者さんと外にお散歩に出掛けたり
    心配なく外出出来る毎日が訪れますように。
    今年は恵方巻を食べながらそう願いました。

    【ハートキャッチ】
    FC2カウンター
    プロフィール

    荻野病院HP管理者

    Author:荻野病院HP管理者
    北海道留萌市の
    医療法人社団萌仁会荻野病院
    スタッフブログです。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR