Harvest‼

    3ヶ月の振りのご無沙汰でした、(←&→)です。
    北海道の山間部では、もう初冠雪が観測されたり、
    気温が一気に下がったりしておりますが、
    こちらをご覧の皆様のところでは、どうでしょうか?
    体調を崩されたりしておりませんでしょうか?
    さて、先日のことになりますが、当院の畑で栽培しておりました
    野菜の収穫を行いました。
    今回、その一部を写真に収めましたので、
    ご紹介したいと思います。

    20201019_1.png

    枝豆は、この写真以外にも生っていましたが、
    なかなかの実の入りでした。
    塩ゆでにして食べるのが一番、素材の味を感じられてて
    おいしいのでしょうが、ずんだにして餅と絡めて食べたいです。

    20201019_2.png

    キャベツは虫食いの部分も多かったですが、
    その分、味は格別だったのではないでしょうか。
    収穫した全ての野菜は、例年は「収穫祭」というイベントを通して
    患者さんのお食事に提供されますが、
    今年はコロナの影響で3密を避けるため、
    病院食として提供されたので、スタッフの口に入る事がございません。
    今年は特に出来が良かったみたいなので、
    是非とも食べてみたかったです…。

    20201019_3.png

    鬼灯?と思えるような色合いのミニトマトです。
    当院は海岸の近くに建っているのと、
    留萌地方自体が冬場にニュースに登場する程、
    風の強い街なので、毎年、収穫している野菜や果物は、
    海風を存分に浴びている為、きっとトマトも甘いのでしょう。
    収穫をお手伝いして下さっている患者さんの特権で、
    先に試食できるのですが、その時の顔だけで言葉で語らずとも、
    何より全てを物語っていましたね。
    (嗚呼、これは甘くておいしいんだな)と。

    20201019_4.png

    人参は結構、採れましたね。
    この写真では、既に頭の部分が刈り取られて
    市販のような感じになっています。
    葉っぱが付いている写真もあったのですが、
    沢山写っている方が見栄え的にいいかな?とこちらを選びました。

    「ちなみに、葉っぱのついた人参で有名なのは、
    ピーターラビットですよね」と書きたかったのですが、
    よくよく調べてみたらピーターラビットが持っているのは、
    ラディッシュ(カブ)なんですよね。
    公式ページにも書かれているので、興味のある方はご覧ください。
    (リンクは貼っておりません、あしからず)

    このブログを書くにあたり、一つ勉強になりました。

    20201019_5.png

    このカボチャ、ロロンカボチャというらしいのですが、
    カボチャって意外と種類あるんですね。
    次に(←&→)が皆様にお会いできるのは、来年の1月になるので、
    いきなりですがカボチャ繋がりで、最後にゆず湯に入ったり、
    カボチャを食べる風習のある冬至の話を一つ。
    我が家の冬至はカボチャぜんざいの代わりに、
    カボチャを蒸かしたものの、皮と身を別個にして、
    それぞれ白玉粉と混ぜ併せて団子にし、
    2色ぜんざいにして食べています。
    皮と身だと味も全然、違いますし、どうしても皮の方が味気ないので、
    皮の白玉団子を作る時にはシナモンを入れたりして
    アクセントをつけています。
    皮を捨てるのは勿体ないですし、実は皮の方がベータカロテンが
    身の2倍も含まれているそうなので。
    美味しいもので、身も心も満たされて、
    疲労回復にも繋がるなんて、願ったり叶ったりですものね。

    さて、毎年、園芸療法の集大成が収穫なので、
    これで患者さんが外に出て活動される事は無くなり、
    今後は室内での活動になります。
    次はどのような内容が更新されるのでしょうか?
    各部署での更新、(←&→)も一読者として楽しみにしております。

    夏のお楽しみ行事

    こんにちは、【ハートキャッチ】です。

    今年の夏は、新型コロナウィルスの影響で
    あらゆる行事やイベントが中止となり何だか少し寂しいなと感じます。
    当院では毎年恒例の「盆踊り・夏祭り」を院内限定で開催しました。
    午前中は、歩ける患者さんの盆踊りです。

    20200818_1.png

    太鼓や楽器も用意され、夏の風情が感じられますね。
    踊っている患者さん達も、とても楽しそうな表情で、
    こちらまで嬉しくなってきます。
    盆踊りに参加することで、
    患者さんも夏を感じることが出来たのではないでしょうか?

    20200818_2.png

    午後からは、いよいよお楽しみの縁日です。
    今回は、輪投げと金魚すくいを企画しました。

    20200818_3.png

    (輪投げの様子です)
    輪に入ると、周りの患者さんから「わ~!!」と歓声が上がったり
    「もうちょっと右!」「頑張って」と応援もあり、
    とても盛り上がりました。
    普段、口数の少ない患者さんも「よしっ」と、
    気合を入れて輪投げを行っていて、
    気付けば見ている私達も応援に熱が入っていましたよ(笑)

    金魚すくいも皆さんとても真剣な表情です。
    実際に泳ぐ金魚ではありませんが、すごく夏らしいですね。
    そして、よく見るとアヒルの親子も登場しています(笑)

    20200818_4.png

    上手く金魚すくいが出来ると、
    高齢の患者さんも嬉しそうな表情をされていましたよ。

    縁日のレクが終わるとお待ちかねのデザート(アイス)の時間です。
    盆踊りやレクでいつもより体力を使ったせいか、
    皆さん美味しそうに食べていました。

    20200818_5.png

    最後は再び盆踊りをして、「夏祭り」終了です。
    とても和やかな時間を過ごす事が出来て
    いい思い出になったと思います。
    また、来年も楽しく行事が出来たらいいなと思う
    【ハートキャッチ】でした。

    七夕

    ブログをご覧の皆様、お久し振りでございます、(←&→)です。
    日本の殆どの土地や、北海道の幾つかの街では
    7月7日に終わってしまった七夕ですが、
    北海道の大半や仙台では旧暦にあたる8月7日に七夕が行われます。
    例にも漏れず、この街も8月7日が七夕なのですが、
    病院のイベントは7月7日に行われています。
    これには理由がございまして、
    来月のブログ更新の際に書いてくれるであろう、
    夏祭りが8月の行事なので、毎年7月は七夕を行っています。
    入院していると、日にちや曜日はもちろん、
    どうしても季節にも疎くなって仕舞がちですし、
    入院患者さんの多くがお年を召した方なので、
    少しでもイベントを通じて季節を感じていただこうというためなのです。

    今年は新型コロナウイルスで、軒並み、イベントが中止になっており、
    当院でも今月までイベントは自粛傾向でありましたので、
    七夕のイベントは行わず、食事に七夕を感じて頂こうと、
    七夕ゼリーと七夕そうめんをお昼にお出しいたしました。

    20200729_1.png

    (そうめんは、画像を取り忘れてしまいましたので、
    ゼリーのみとなります。)

    ちなみに、以前、イベントの際に作成したのがコチラです。

    20200729_2.png

    20200729_3.png


    色セロファンの二人は、いずれも(←&→)が作成したものですが、
    右の方が上手くいってますよね。
    病棟が移ってからはなかなか作成できていませんが、
    また、作りたいと思っています。

    20200729_4.png

    笹の葉に短冊をつけたり、天井にも飾りを飾ったりなど、
    少しでも心が躍るようにしています。

    さて、七夕の話は元々、中国から伝わってきたものですが、
    織姫の親である天帝の怒りをかったことで、1年に一度しか会えない事は
    知っていましたが、そこに至るまでの過程は知りませんでした。
    先日、Eテレの「おかあさんといっしょ」で
    事の顛末を分かりやすく説明していたのをたまたま、
    吾子と共に観て知ることができました。

    「織姫と彦星は仕事をしっかりしていたけど、
    結婚してから全く働かなくなったので、
    天帝が怒って天の川で二人を別れさせたら、
    仕事を頑張るようになったので、
    1年に1度は会えることを許すようにした」と。
    その後、調べたら本当はもうちょっと話が膨らむんですが、
    さらっと分かりやすいのでいいな。と感じました。

    織姫と彦星は年に1度しか会えませんが、
    今月の13日から当院も面会がOKとなりました。
    とは言っても、毎週「月・水・木」の午前1組(11時)、
    午後2組(14時・15時)で時間も30分以内で必ず予約して下さいなど、
    まだ、再開したてですし、他にも制限はあったりします。
    今月はすべての日に面会の予約を入っていまして、
    来月も中旬まで入っています。

    面会に抵抗のある方は、電話口でもいいので、
    お話されるのもアリかと思います。
    電話は声は近くに感じますが、
    密では無いため感染しませんので安心ですよね。

    これからも、季節の行事など、
    このブログで配信したいと思っております。

    (←&→)

    美味しいケーキバイキング

    お久しぶりです。【ハートキャッチ】です^^

    だんだんと暖かくなり、いよいよこれから夏本番ですね。
    皆さんはこの夏、楽しい予定がありますか?

    荻野病院では、6/21(木)にケーキバイキングがありました。
    前々から、「ケーキが食べられる」と
    患者さんも楽しみにしていたイベント。
    美味しそうなケーキがたくさん並んでおり、
    患者さんも「どれを食べようかな?」と
    嬉しそうに悩んでいる様子でした。
    ケーキをお皿に並べている職員からも
    「美味しそう」という声が聞こえてきましたよ(笑)
    写真左から、抹茶・チョコレート・いちご
    ・洋ナシ・さつまいも・レアチーズの
    6種類のミニケーキ↓どれも口当たり良くて美味しかったようです。
    普段、食欲のあまりない患者さんもパクパク食べてくれていましたよ。

    20190626_1.png

    (↑写真撮る事を忘れており、残り1/4になってから慌てて
    ケーキの形を整え、写真を撮らせてもらいました・汗)

    20190626_2.png

    (↑食事介助の患者さんもこの笑顔。個人情報の関係で
    顔が載せられないのですが、とってもいい笑顔です)
    「美味しい」「美味しいわぁ」と言いながら食べていました。

    20190626_3.png

    (↑ケーキを片手にパチリ)

    好きなケーキを選んで、ジュースと一緒におやつ時間。
    患者さん同士「それは何の味?」「美味しい?」と会話をしながら
    和やかなおやつ時間を楽しんでいる様子でした。

    患者さんのケーキバイキングの時間がとっても美味しそうで
    楽しそうで^^私も仕事帰りにケーキ屋さんに寄って
    家族分のケーキを買って帰りましたよ。
    (ケーキ片手に家に帰ると、娘が大喜びでした)

    来年のケーキバイキングもまた楽しみだなあと思う
    (大分気が早いですね、汗)

    【ハートキャッチ】でした。

    病棟ひな祭りレク

    こんにちは~(*^_^*)
    【マリリン】です。

    もう少しで3月も終わりですが、ようやっと留萌も春を迎えています。
    冬になると二ユースに登場する頻度が高く、とても有名になる留萌。
    この日は、爆弾低気圧の影響で外は強風で凄いことになってました。

    20180329_1.png

    20180329_2.png

    そんな天気もお構いなしに荻野病院では、
    病棟レクでひな祭りを行いました。

    まずは、☆雛あられゲーム ☆

    盃に入っている雛あられを指示された色を取るゲームです。
    少し遠慮がちに取る患者さまや身を乗り出して一生懸命取る患者さま、
    見ているスタッフも白熱し、笑いが起きましたヽ(^o^)丿

    20180329_3.png

    20180329_4.png

    20180329_5.png

    そして、一番のお楽しみはレクの〈お・や・つ〉です。
    イチゴのショートケーキとスタッフお手製プリンです。
    (プリンは市販ですが、デコレーションはスタッフです)
    なんとステキなデザート

    20180329_6.png

    20180329_7.png

    ひな祭りレクは、大盛況に終わりました。

    20180329_8.png

    【マリリン】
    FC2カウンター
    プロフィール

    荻野病院HP管理者

    Author:荻野病院HP管理者
    北海道留萌市の
    医療法人社団萌仁会荻野病院
    スタッフブログです。

    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR